借金・債務整理

借金が一向に減らなくて困っている、督促が来るが払えそうにない等のお悩みをお持ちでしたら、まずは弁護士にご相談ください。残債の量や借り入れの期間、現在の生活の状況などから総合的に判断し、依頼者様にとって最適な問題解決方法をご提案いたします。

費用について

任意整理

任意整理とは、裁判所の手続を使わずに借金を整理するものです。
過去に高金利で借り入れがあった場合、取引開始時にさかのぼって利息制限法の上限金利に金利を引き下げて再計算を行い、借金を減額した上で、具体的な返済方法を検討します(場合によっては過払い金が発生します)。
貸金業者との間では和解契約を結び、以後はこの和解内容にしたがって返済を続けますので、いつまでも利息を支払い続けるという状態から抜け出すことができます。

任意整理のメリット

  • 周囲の人に知られずに手続きをすることができます。
  • 弁護士に任意整理を依頼すると督促が即日ストップします。
  • 職業制限や資格制限がありません。

任意整理のデメリット

  • 5~7年間、信用情報機関(ブラックリスト)に掲載され、新たな借り入れができなくなります。
  • 借金が全額免除される訳ではありません。

過払い金請求

過払い金とは、貸金業者に対して、本来は支払わなくてもよかった利息のことです。お金を貸す際に守らなければならない金利の上限は、「利息制限法」という法律に定められていますが、この上限を超える金利を支払っていてその金額が借金の元本を超えると、貸金業者から返還を受けることになります。、長い期間借金の返済を続けている方は、過払い金が発生している確率が高いと言えます。

過払い金請求のメリット

  • 支払いすぎたお金が戻ってきます。
  • 借金を完済した後でも、完済後10年以内であれば請求が可能です。
  • 現在借金を返済中でも、返還金で借金を減額、完済する事ができます。

個人再生

個人再生とは、裁判所を通じて債務を減額してもらう手続きを指します。裁判所に提出した再生計画が認可されると、原則として債務が5分の1に減額され、その額を原則として3年間で支払います。自己破産と任意整理の中間のような制度になります。
自己破産とは異なり、一定の条件を満たせば、マイホームを手放さずに手続きをすることが可能ですので、ご家族が保証人になっていない限り、ご家族に迷惑がかかることはありません。

個人再生のメリット

  • マイホームを手放す必要がありません。
  • 自己破産で免責を受けられなかった人でも手続ができます。
  • 住宅ローン以外の債務の総額を減額する事が可能です。
  • 財産を処分する必要がありません。
  • 資格に制限はありません。

個人再生のデメリット

  • 住宅ローンの返済はいつも通り行っていく必要があります。
  • 借金が全額免除されるわけではありません。

自己破産

「自己破産」とは、継続してすべての借金を支払うことができない状態に至ったこと(支払不能)を裁判所に認めてもらい、法律上、借金の支払義務を免れる制度を指します。自己破産を利用できる方は、支払不能であると認められる方と過去7年以内に免責を受けたことがない方に限られます。

自己破産のメリット

  • 借金が全額免除されます。
  • 借金返済の催促が来なくなります。

自己破産のデメリット

  • 一定期間、新規にクレジットカードの使用やローンを組む事ができなくなります。(ブラックリストへの掲載)

特定調停

「特定調停」とは、簡易裁判所が,債務者(借主)と債権者(貸主)との話し合いを仲裁し、返済条件の軽減等の合意が成立するよう働きかけ、債務者が借金を整理して生活を立て直せるよう支援する制度です。特定調停では、任意整理と同様に、借金をした当初にさかのぼって利息制限法の上限金利(15~20%)による引き直し計算をします。引き直し計算によって減額された元本をもとに分割して返済していくことになります。

特定調停のメリット

  • 二ヶ月程度の期間で早期解決が可能です。
  • 借金の残高が減額される可能性が高いです。

特定調停のデメリット

  • 一定期間、新規にクレジットカードの使用やローンを組む事ができなくなります。(ブラックリストへの掲載)
  • 債務整理の中でも減額される額は少ないです。

名古屋市東区・中区・千種区の弁護士による無料相談

借金・債務返済のご相談・お問い合わせはこちら

初回相談無料・出張相談可能・夜間土日祝日相談

電話052-957-4681(受付時間:平日9:00~17:00)

無料相談ご予約