当事務所の費用について

弁護士費用は基本的に下記料金表に基づきますが、事件の性質に応じて30%の範囲内で増減いたします。また、経済的利益算出困難な場合の着手金は事案に応じて 30万~50万円とします。下記料金表の計算は代表的事件に関するものであり、この表に記載のない依頼内容については、平成16年3月31日まで使用されていた日本弁護士連合会報酬基準に基づき定めます。
料金表にない案件については、ご相談内容により料金が異なりますので、お問い合わせいただくか無料法律相談をお申し込みください。

金銭請求(交通事故、貸金、売掛金など)

請求額 着手金 報酬
~300万円 8% 16%
300万~3000万円 5% + 9万円 10% + 18万円
3000万~3億円 50万~100万円 6% + 138万円
3億円~ 50万~100万円 4% + 738万円

※着手金の最低額は10万円です

離婚事件

着手金 報酬
交渉・調停・訴訟等 30万円 30万円

受領した金銭がある場合
「金銭請求」と同様に算出した報酬

相続・遺言

着手金 報酬
遺言作成 内容に応じて10万から30万円
遺産分割 30万~100万円 受領した金銭がある場合「金銭請求」と同様に算出した報酬。ただし、財産の範囲や相続分に争いがない場合はその2分の1。
相続放棄 一人につき5万円
遺言執行 相続財産額 ~300万円30万円
相続財産額 300万~3000万円2% + 24万円
相続財産額 3000万~3億円1% + 54万円
相続財産額 3億円~0.5% + 204万円

刑事事件・少年事件

着手金 報酬
刑事事件 20万~50万円 不起訴、執行猶予判決、求刑からの減刑があった場合20万~50万円
少年事件 20万~50万円 20万~50万円

借金・債務整理

着手金 報酬
債務整理 債権者一件につき2万円 過払い金の返還を受けた場合はその2割
破産事件 個人30万~40万円(民事再生40万~60万円)
事業者40万~60万円(民事再生50万~70万円)
会社会社の規模に応じる

企業法務

顧問料 3万円~/1ヶ月

書類作成

内容証明(弁護士名なし) 3万円
内容証明(弁護士名あり) 5万円
その他の文書 内容に応じて10万~30万円